2013年11月29日

「ソフト闇金」暗躍 法改正で日掛け“潜行”

高い利息で金を貸し、連日集金する手法で社会問題化した日掛け金融が「ソフト闇金」になり暗躍している。低い県民所得や高い失業率を背景にかつて全国最多の380社近くあった県内の登録業者数は、高利が認められなくなった2010年の法改正でゼロになる一方、闇に潜った。危害を加えずに連日、顔を合わせる集金法は、被害者が業者に親近感を覚えるケースが多く表面化しにくい。(小寺陽一郎)

 「融資の件でお電話しています」。県内の50代男性の携帯電話に、見知らぬ男から電話があったのは昨年夏。銀行の駐車場で待ち合わせると20代くらいの男が現れ、3万円を出した。「毎日2千円ずつ30回返してくれればいい」。借りた金の倍額を返す違法な利息だが、結婚式や離島での法事が続いた男性は飛びついた。


毎日待ち合わせ

 毎日、男と近所で待ち合わせ金を返した。勤務するタクシー会社の夜勤明け、男性が寝ている昼間は、返済を求める電話はない。しばらくすると物腰柔らかに「信用する人にしか貸しません。だから日曜日の返済はいいです」。

 男性は「長らく付き合っているから相手を信頼するような、そんな感覚だった」と話す。

 そのうち別の男からも「融資」の電話が鳴った。貸し借りの方法は同じ。返すため、また、借りた。


寝ても起きても

 借入先は10件になり、残高は約30万円、1日の返済額は1万円近くになった。男性の月収は17万円。同居する母親には頼れず、メーターを倒さず客を乗せる違法行為「煙突」もした。「寝ても起きても、お金のことしか考えられない。自分で自分のことを人間じゃないように感じた」

 男性は司法書士に相談。業者の電話には出ないが、電話は今も鳴り、携帯メールには「新規融資」を案内するメールが届いている。

 多重債務問題に詳しい沖縄クレジット・サラ金被害をなくす会の司法書士、上原修さんの事務所には毎年10人前後が闇金の相談に訪れる。上原さんは「闇金の多くは今も日掛け金融の手法を使う。貸し手と借り手に人間関係ができ、大手消費者金融業者より、闇金の返済を優先させる人さえいる」と心配している。

<引用元:沖縄タイムス>


ソフト闇金について相談するなら
ヤミ金対応アヴァンス法務事務所
ヤミ金問題ひとりで悩まずご相談ください「アヴァンス法務事務所」
posted by xzkz8ntt8 at 17:52| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。